どう生きたいか。のヒントが見つかる

  1. トップ
  2. 保険営業から人材業界に!離職回数が多くてもやりたいことを実現して年収アップ出来た秘訣とは
インタビュー

保険営業から人材業界に!離職回数が多くてもやりたいことを実現して年収アップ出来た秘訣とは

ポストする シェアする LINEで送る noteに書く
保険営業から人材業界に!離職回数が多くてもやりたいことを実現して年収アップ出来た秘訣とは

ポジウィル受講前に4社経験し、営業職でのキャリアを歩まれていた若旅さん。4社目にして、営業という仕事に不満を感じるようになり、転職を決意。しかし、やりたいこともわからない状態で、頼りにしたエージェントには営業職以外での転職は難しいと断言されてしまいました。

そんな中、自分の過去と向き合い、自分がどうしたいのかを見つけるためにポジウィルキャリアを受講。受講後は自らが大切にしたい軸を見つけ、見事納得できる転職に成功しました。やりたいことが見つからず、自信をなくした若旅さんがどのようにキャリアを前進させたのか、そのストーリーを伺います。

目次
  1. 6年培ってきた営業職としてのキャリアに疑問を抱き、異職種転職を進めるも上手くいかず
    1. 当時どんなモヤモヤを抱えていたのか教えて下さい。
    2. 当時のモヤモヤを解消するために何かご自身で行動されたことはありますか?
    3. そこからどうやってポジウィルに辿り着いたんですか?
  2. 「課題を解決してもらえる」と感じられた無料カウンセリング
    1. 無料カウンセリングを受けてみてどうでしたか?
    2. 受講の決め手は何でしたか?
  3. 過去の経験と向き合うことで、抑えていた感情を出せるように
    1. トレーニングの中ではどのようなゴールを設定して取り組みましたか?
    2. トレーニングで印象に残っていることはありますか?
    3. トレーニングで行った自己分析と、今までご自身が行ってきた自己分析は何が違いましたか?
    4. トレーニングで見つけたご自身の強みは何だったんですか?
    5. トレーニングのもう一つの目標であるやりたいことは見つけられましたか?
  4. 見つけた強みとやりたいことを活かして、志望業界に内定獲得
    1. トレーニングを通して気付いた、強みややりたいことからどのようにキャリアの軸を作っていきましたか?
    2. 転職活動は具体的にどのように進めていきましたか?
    3. 過去にも転職活動はされていると思うんですけど、トレーニング後の転職活動でこれまでと違うなと感じた点はありますか?
  5. 感情を押し込んでいた自分が、ポジウィルで自分らしさを取り戻した

6年培ってきた営業職としてのキャリアに疑問を抱き、異職種転職を進めるも上手くいかず

wakatabi01

当時どんなモヤモヤを抱えていたのか教えて下さい。

当時、保険の法人営業をしていました。そもそもの入社理由が「子育てしながら働けて、就業時間が早く終わるところ」という理由で企業選びをしたため、働いていると社風が合わないなと感じることが多々ありました。営業という仕事内容にも疲れてしまい、環境を変えてもっと自分がしたいことをしたいという思いがありました。

そもそも、営業という仕事を選んだのは、2社目へ転職をする際でした。1社目で事務職をしていた時に、その事業所にいる営業の方々が生き生きしてるように見えて、自分もお客さんに提案したり、動き回って人と関わる仕事をしたいという思いを持ち始めました。また、社会人としてプレゼン能力や対人関係構築力は必要なスキルだと思っており、事務職のままでは培えないスキルを身につけたいと思って転職したのが営業職でした。

その後も営業として、営業代理店や保険の法人営業を経験して来ましたが、新規営業が本当に嫌でした。断られるのがすごく嫌いで、求められてないのに行くっていうところに苦痛を感じてましたね。

当時のモヤモヤを解消するために何かご自身で行動されたことはありますか?

営業だけはもう絶対に嫌だと思っていたので、転職活動を始めました。これまでと同様に転職エージェントに登録して、色々な企業を紹介をしてもらいました。しかし、これが全く上手くいきませんでした。当時28歳だったのですが、営業職に就きたくないことを伝えると、それは難しいとはっきり断られてしまいました。

その後、自分で求人サイトを利用して他の職種を探しました。全くの未経験歓迎求人もあるにはあるのですが、自分の中で営業以外でやりたいことも全然わからなかったので、お先真っ暗でとにかく焦りを感じていました。

そこからどうやってポジウィルに辿り着いたんですか?

転職活動で行き詰まっている時に、大学時代の友人がポジウィルを受講し「すごく良かった」とSNSで発信していたことがきっかけで、初めて知りました。

その時はすぐにカウンセリングに申し込まなかったのですが、しばらくして転職を含めて、今後の人生をどう進めていくかを迷って情報収集をしていた際に、改めてインターネットで調べました。ホームページを見た時に、書かれている内容が自分の状況と当てはまりすぎていて、すぐ無料カウンセリングへの申込みを決めました。

「課題を解決してもらえる」と感じられた無料カウンセリング

wakatabi03

無料カウンセリングを受けてみてどうでしたか?

無料カウンセリングは本当に「すごい」の一言でした。元々カウンセリングを受ける前から料金のことは知っていたので、無料カウンセリングで何かヒントを得られたらいいなという気持ちでカウンセリングを受けました。

ただ、その45分という短い時間で自分のことをすごく引き出していただき、課題もしっかり突き止めていただきました。見つけていただいた課題は、自分でも本当にそれが長年課題だと感じていたことだったので「これは絶対どうにかしなきゃいけない」と改めて自覚できた時間になったなと印象に残っています。

受講の決め手は何でしたか?

過去の経験の中で、私には解決しなくてはいけないシコリがあると、自分でも感じていたことが何度かあったことを思い出させていただきました。ポジウィルだったらこの課題を解決してもらえると感じられたので、それが受講の決め手でしたね。

過去の経験と向き合うことで、抑えていた感情を出せるように

wakatabi04

トレーニングの中ではどのようなゴールを設定して取り組みましたか?

当時の課題は大きく2つでした。1つ目に「自分がやりたいことがわからない」こと。2つ目に「自分の強みや弱みも全然わからない」ことでした。なのでトレーニングでは、この2つを解消することをゴールに取り組みました。

トレーニングで印象に残っていることはありますか?

トレーニングを進める中で、特に印象に残っているのは第2回のとき、トレーナーの前で号泣したことです。過去を振り返る課題だったのですが、そのとき自分が高校生以降ぐらいの出来事しか振り返れておらず、トレーナーに、「それ以前に何か蓋をしたい過去があるんじゃないか」と言われた瞬間に過去の経験を思い出しました。それを伝えた瞬間にどんどん涙が溢れてきたという出来事がありました。その後、過去の自分をケアするワークがあり、そのワークを通して、徐々に自分の過去を話す時も泣かずに開示できるようになり、その回を機に、大きな変化を感じられる様になりました。

自分の心の奥底に押さえ込みがちだった気持ちがすぐ出てくるようになったり、世界がすごく鮮やかに見えたりという変化を実感することができました。

トレーニングで行った自己分析と、今までご自身が行ってきた自己分析は何が違いましたか?

これまでの自己分析は、自分の中で印象に残っている表面的に思い浮かぶことだけを整理していたなと思います。ポジウィルのトレーニングでは、トレーナーの方のおかげで、自分が簡単には思い出せない過去の経験を、様々な角度の質問を通して見つけていただき、深く振り返ることができたと思います。それは本当に1人ではできなかったことだと思います。

そのおかげで、自分で自己分析を行った際には辿り着けなかった、自分の強みとやりたいことを言語化することができました。

トレーニングで見つけたご自身の強みは何だったんですか?

トレーニングによって、見つけた強みは2つあります。

1つ目が「リーダーシップ力」です。自分がやりたいと思ったことを、周りを巻き込んで進めるということを、今までの仕事の中で無意識に行っていて、トレーナーとの対話で思い出すことができました。自分が全然強みだと思っていなかった経験に対して、トレーナーから「それって強みなのでは」と指摘していただいたことで自覚することができました。

2つ目は「対人関係の構築力」です。そもそも人に対する興味が強かったり、人のことを知りたいと思う気持ちが強いということを、トレーニングを通して気づくことができました。

トレーニングのもう一つの目標であるやりたいことは見つけられましたか?

やりたいことも同様にトレーニングを通して、気づかせてもらうことができました。ずっと営業と一括りにして、営業がやりたくないと思っていたのですが、トレーニングを通して気づいたのは「営業をやりたくないのではなく、求められていない提案をしたくない」ということで、お客さんが本当に課題に感じていることに対して提案する営業はむしろやりたいと考えを整理することが出来ました。

見つけた強みとやりたいことを活かして、志望業界に内定獲得

wakatabi05

トレーニングを通して気付いた、強みややりたいことからどのようにキャリアの軸を作っていきましたか?

トレーニングで見つけた強みとやりたいことを基に2つの軸を立てて、転職活動を進めました。1つ目は、営業の中でもお客さんの課題に対してアプローチができる職種であること。2つ目は、人間関係が良くチームワークを大切にしている社風であること。この2つのポイントを基準に、会社選びを進めました。

業界としては、私がキャリアで悩んだ体験をしたので、同じような体験をする人に対して価値を提供したいと思い、人材業界を中心に見ていました。

転職活動は具体的にどのように進めていきましたか?

転職活動は主に転職エージェントとWantedlyを使って、企業選びの軸にマッチする企業を探していきました。Wantedlyは私が大事にしたい社風がイメージしやすかったので、特に私にはマッチした探し方だったと思います。

トレーニングを通して、強みとやりたいことは言語化できていたので、あとはそれを企業で求められることと紐づけて話をするだけでした。強みに関しては、過去の営業経験を棚卸して、実績を基に伝えることを特に意識していました。

選考は8社受けて、最終的に1社内定を獲得する事ができました。内定をいただいた会社は、私が大事にしたい軸を満たせる会社だったので、納得して転職活動を終えることができました。

過去にも転職活動はされていると思うんですけど、トレーニング後の転職活動でこれまでと違うなと感じた点はありますか?

トレーニングを受講する前は、本当に自分がしたいことも自分の強みも全くわからない状態で進めていたので、自信が持てないまま転職先を選んでいました。しかし、トレーニング受講後は、自分の軸をはっきりさせることができ、強みも見つけることができたので、心から自信を持って進むことができました。

実際に転職をして、自分が望んでいた人材業界に入ることができ、やりたいことに向けて、キャリアを積める環境であるということが本当によかったなと思います。また、軸の一つで大事にしているチームワークの面でも、今の会社は本当に素敵な会社だなと思います。改めて、信頼できる仲間と仕事する楽しさをすごく感じてます。

感情を押し込んでいた自分が、ポジウィルで自分らしさを取り戻した

wakatabi07

ポジウィルを受講してから1年経つと思うのですが、今でも感じているトレーニングの価値はありますか?

何もわからなくなってたところから、はっきり自分のやりたいことや強み弱みがわかるようになったというのは、今でも感じている大きな価値です。それ以外にも、1年経った今でも成長を感じていることがあります。それは「自分のことをより客観的に見れるようになった」ことです。

今までは、自分を抑え込んだり、ついついいい顔してしまう思考の癖がありましたが、ワークを通してそういう自分を客観的に見れるようになりました。その思考の癖も、自分を守るためにやっているんだなと自覚したら、変に自分を守ることもしなくなり、どんどん幼少期の自分のように、自分らしさを出せるようになりました。

1年前の自分からしたら驚くことに、今悩みは全くないんです。このまま突っ走っていきたいなと思っています。

最後にどんな人にポジウィルキャリアをおすすめしたいですか?

 過去の私みたいな人に受けてもらいたいですね。受講前の私は、崖っぷちに立たされているような気持ちで、これまで私が歩んできたキャリアは全部間違っていたかも知れないという気持ちに苛まれていました。そういう風に、本当に絶望の淵に立たされているような人ほど受けていただきたいなと思います。

 

無料体験で
プロにお悩みを相談しましょう

無料体験で実現できること

  1. モヤモヤ整理ができる
  2. 自分価値観気付ける
  3. 受講後イメージ沸く
無料体験はこちら
ポストする シェアする LINEで送る noteに書く

関連記事